フコイダンとは

健康維持に役立つ成分として耳にすることのあるフコイダン。さまざまな健康への影響が期待されていますが、そもそもフコイダンとは具体的にどのような物質なのでしょう。

モズクフコイダンとは昆布やモズクなど褐藻類に含まれる天然の滑り成分です。褐藻類とは海藻類の中でもモズクなどの褐色をしている海藻の事です。海藻はフコイダンの滑り成分によって、過酷な海の環境で砂による傷や引き潮による乾燥から身を守っています。

フコイダンにはさまざまな作用があるとされています。体内の免疫細胞を活発にして免疫力を強化させる作用や、ピロリ菌と吸着し排出する作用、保湿や抗アレルギー作用など多くの働きが注目されています。

フコイダン1日の摂取量の目安は3g程度とされています。乾燥した状態で、メカブは5gあたり0.4g、真昆布は0.075gのフコイダンが含まれており、必要なフコイダンを摂取しようとすると相当の量が必要です。また、塩分やヨウ素など人間にとって必要だけれど取り過ぎは危険とされる物質も含んでいます。塩分などが気になる人や海藻が苦手な人は、毎日海藻を食べるのが難しい人に、フコイダンは健康食品としても販売されています。

フコイダンの研究は現在進行形で進んでいます。自分の健康と向き合いながら、自分に合った接種方法で健康を守りましょう。


**関連記事**

  1. フコイダンの健康食品
  2. フコイダンの成分
  3. 健康食品への製造過程